釣行記

キス釣りの外道も美味かった(2023.7.3 @笙の川河口)

こんにちは!つりだいです。

今回はキス釣りと、アジの泳がせ釣りをしたいと思い、敦賀市の笙の川河口にやってきました。

本当は敦賀半島北西にある、白木漁港へ初めて行ってみようと思って計画していたのですが、現在釣り禁止になっているという情報をいくつか見かけたため、場所を変更しました。

笙の川河口は過去の釣行では、アジやキスもぽつぽつ釣れる印象があり、期待して行ってきました!

早朝に到着し、まずはエサのアジを確保すべく、サビキ釣りをしてみます。

ところが・・・反応なし。残念なことに、アジの回遊はないようで、まったく釣れませんでした・・・。

ちなみに1匹だけサッパ(多分)が釣れましたので泳がせしてみました。

しかし悲しいかな、魚はヒットせず何者か(おそらくカニと思われる)にサッパは無惨な姿にされてしまいました・・・。

そこでいったん泳がせは諦めてちょい投げ釣りでキスを狙って行くことにしました。

こちらも開始後2時間ほどはアタリもほとんどなく、かなりやばいムードが漂います・・・。

しかし10時過ぎに少し風が出てきた頃、急にアタリが頻繁に出るようになりました!
投げたらすぐに何らかのアタリが出る感じです。
しばらくフィーバータイムが続いたので10匹ほどキスを釣り上げることができました。

そして、3匹ほどこんな魚も釣れました。

こちらはゼンメ(ひいらぎとも呼ぶようです)という魚で、以前にも釣れたことがあったのですが、その時には名前がわからなかったことや、何だかぬるぬるして気持ち悪かったことからリリースしていました。

キス釣りをしていると外道でよく釣れる魚のようですね。

実はこのゼンメ、ネットで調べると煮付けが大変おいしい魚とのことで、次に釣れたら絶対持ち帰ろうと決めていました。

なので今回は持ち帰って食べてみたいと思います!

さて、こちらが本日の釣魚料理です!
 

キスの天ぷらはいつも通り文句なし、美味しくいただきました。

気になるのはゼンメの煮付け!
食べてみると、骨から身が取りやすく、とても食べやすかったです。
身は硬すぎず柔らかすぎず、旨みもしっかり感じられました。

釣ったゼンメは全て卵持ちでしたが、この卵も非常に美味とのことでしたので一緒に煮付けて食べてみました。
キメが細かくて、クセもなく、旨みの凝縮した、最高においしい卵でした!
日本酒と一緒にいただきましたが、これまた相性がバツグン!これはハマりそうです。

ゼンメはサイズがあまり大きくならない魚なので、次は数を釣ってたくさん食べたいですね。

それにしても、初めて食べる魚はいつでもワクワクします。それが予想以上に美味しかった時は最高ですね!今日も楽しい釣行でした。

そろそろいい季節になってきたので、アジの泳がせ釣りはまたリベンジしたいところですね。

今回の記事は以上です。それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA