釣行記

泳がせ釣りで、旬の高級魚を狙う!(2023.7.21@菅浜漁港)

こんにちは!つりだいです。

今回はアジの泳がせ釣りで、今が旬のキジハタを狙いに、福井県美浜町の菅浜漁港にやってきました。

菅浜漁港には数年ぶりにきましたが、最近キジハタも釣れているというネットの情報もあり、期待できそうです。

足場は良く、車もすぐ近くに停められて、良い釣り場です。ただし、根掛かりしやすいのと、突堤部分が短く場所がすぐ埋まってしまう印象があり、しばらく足が遠のいておりました。久々に来てみましたがどうでしょうか。

まずは到着と同時に清掃協力金(700円かかります)を回収しに軽トラの方が来られました。来たのはめちゃくちゃフレンドリーな方で、ニコニコ話しかけてくれます。「何釣りに来たの?へー、キジハタ?たくさん釣れてるよ!」など嬉しい情報も教えてくれました。

やる気MAX!では早速釣って行きます!

サビキ仕掛けを足元に落として釣っていきます。開始後すぐに豆アジがたくさん釣れました!毎投釣れて入れ食い状態です。

ちなみに2投目くらいでこんな大きいフグも釣れました。気持ちに余裕があると、かわいいですね(笑)

足元を見るとアジ含め、たくさんの魚が泳いでいました。(画像では少しわかりにくいですが)
足場が良いだけでなく、サビキ仕掛けでもいろんな魚が釣れるので、初心者やファミリーフィッシングにもぴったりの釣り場だと思います。

さて、アジはいくらか持ち帰って食べるつもりですが、今日のメインターゲットではありません。浮かれるのは程々にして、キジハタを釣るべく泳がせ仕掛けにアジをセットして待ちます。

2本の竿のうち、1本は沖の方に投げてエレベーター仕掛けを、もう1本は手前(数メートル先)に胴付きの仕掛けを付けて沈めてみました。胴付き仕掛けの方は時々場所を変えながら待ってみます。

あわよくばすぐ反応があるかと思っていましたが、なかなかアタリがありません。
かなり暑い日だったので熱中症に怯えながら、水分・栄養補給をしつつ待ち続けます。

そして1〜2時間経った頃でしょうか、足元〜数メートルくらいに落としておいた泳がせ仕掛けの竿に反応が!
ぐん!ぐん!と強く曲がります。そしてついに!釣れました!

念願のキジハタ!これは嬉しい!
狙ったターゲットがうまく釣れた時ってめちゃくちゃテンションが上がりますね!

よしどんどん釣っていこう!と意気込んで続けますが、その後は続かず、また待つだけの時間が続きます。

沖に投げているエレベーター仕掛けには一貫して何の反応もなく、青物なんかが回ってこないと釣れないように思いました。
手前の胴付き仕掛けも足元で反応がないので少しだけ沖(10〜20mくらい?)にも投げてみましたが、そうすると餌取りのフグがたくさんいるようで、フグしか釣れません。

2時間ほど経過し、もう帰ろうかなという時、何となく気分を変えて場所を突堤中央から突堤根元へ移動してみました。そこで仕掛けを落としてみたところ、すぐに強いアタリが!

もう1匹釣れました!もしかしたら突堤根元あたりの方がたくさんキジハタがいたのかもしれません。
いい時間になったのと、2匹釣れて満足したので、納竿としました。

帰宅し早速調理して行きます。

キジハタ2匹に加え、泳がせの餌としてキープしていたアジも持ち帰りました。

キジハタは刺身で、アジは唐揚げでいただくことにしました。

アジの唐揚げは、軽く塩胡椒して片栗粉をまぶして揚げる作り方だと素材の味がよく感じられます。ただ、私はこちらの日清さんの唐揚げ粉が好きでいつも使っています。醤油の効いたしっかりした味付けになり、よりビールなどのお酒によく合います。

完成した料理がこちらになります。

まずはキジハタの刺身からいただきます。めちゃくちゃ上品な白身です。味も良く、さわやかな香りが鼻に抜ける感じがします。醤油で食べても美味しかったですが、すだちを絞って塩を少し付けて食べるのが至高の味わいでした!美味すぎてビビりました。

アジの唐揚げはおつまみ感覚で、こちらも安定の美味しさでした。

今回は旬の魚を堪能しました。毎回こんなに上手くいかないのが釣りですが、だからこそいい魚が釣れて家で美味しく食べるのは、何事にも代えがたい至福の時間ですね。今シーズン、引き続きたくさん釣りに出かけたいと思います!

今回の記事は以上です!それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA