釣行記

最高の釣り環境と、美味しいご飯(2023.8.4 @小浜漁港)

こんにちは!つりだいです。

はじめに、この記事は釣りとしてはほぼボウズの記録になりますので、その点ご了承ください!
リアルな釣行記を載せていきたいので、釣れなくても記事は書いていこうと思っております。
(興味がない方のために、ボウズの記事はこんな感じで冒頭に一文を書くようにします)

さて、今回はアジの泳がせ釣りでヒラメとかシーバスとかを釣りたいと思い、小浜漁港にやってきました。
河口近くのポイントは車を横付けできて、この酷暑でもすぐに車内で休憩できるので安心です。

小浜漁港は家族旅行で少し立ち寄ったことがあるだけで、がっつり釣りに来るのは初めてです。
釣り場周辺の環境・釣果ともに、ネットでの評判も良さそうだったので楽しみです!

まずは足元にサビキ仕掛けを落とし、餌の確保です。開始早々アジが3匹釣れました!

しかしその後は続かず少し嫌な予感。何はともあれ、とりあえずこのアジを泳がせて行きます。

足元には大量の魚影がみえますが、これらはおそらくヒイラギとかスズメダイとかだと思います。

その後はサビキで釣れるのはヒイラギばかりで、周りでサビキ釣りをしていた方々もアジが釣れている様子はなく、ヒイラギばかりのようでした。

そうこうしている間に、泳がせていたアジも食べられたのか外れたのか、いなくなってしまいました。

これはまずいと、予定変更をしてキスを狙うため、いったん持ち場を離れて釣具屋でアオイソメを購入することにしました。

車で数分のところに「マーメイドつり具」というお店があり、そこに伺いました。

アオイソメを1パック分を購入しましたが、いつも行く店と同じ値段で量は2倍くらい入れてくれました。気前が良いお店ですね!

やる気も復活し、第2ラウンドに挑みます!

そこからはアオイソメを餌に投げ釣りでひたすらキスを狙うものの、釣れるのはヒイラギばかり。
ちなみに今回はヒイラギを持ち帰る気分ではなかったのですべてリリースしました。

あとは、ヒイラギを泳がせてもみましたが、食ってくることはありませんでした。

朝から開始して、トータル5時間程経ったところで、暑さもありギブアップ!
泣く泣く納竿としました。

釣れなかったならお店で美味しい魚をいただこう!ということで小浜漁港のすぐ横にあるお食事処「濱の四季」さんにお邪魔しました。

こちらの刺身定食を注文しました。

刺身はタイ、ハマチ、甘エビ、シメサバ、サーモンとどれも新鮮で素晴らしかったです!
それ以外にも味噌汁や冷奴なども付いてきて満足のいく定食でした。無料でご飯も大盛りにしていただけました。

特に冷奴は、普段食べてる豆腐は何だったんだ、と思うくらいに大豆の味が濃く、素材の甘みも感じられて美味すぎでした。軽く衝撃を受けました。

食事が美味しいのに加え、店員さんの接客も心地よく、ガラス張りの店内からは小浜漁港の海が広がっているのが見え、最高のお店でした。

ちなみにこの日は行かなかったですが、すぐ横に「濱の湯」というこれまた良さげなスーパー銭湯もあり、釣りの疲れも癒せそうでした。寒い時期の釣りの後とか最高ですね。

というわけで小浜漁港での釣行記録でした。正直釣れなくてしんどい釣りでしたが、小浜漁港は広く、他のポイントもあるのでそちらではもっと釣れたのかもしれません。
アジの泳がせ釣りは夢がありますが、餌のアジがぽんぽん釣れないと途端に苦しくなりますね。
小浜漁港の周辺の施設や釣り場自体は素晴らしく、またいつかリベンジしたいと思います。

今回の記事は以上です!それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA