釣行記

真夏の沖堤防で自己新記録(2023.8.19@赤崎)

こんにちは!つりだいです。

今回は福井県敦賀市赤崎の沖堤防へ行ってきました。これまで何度か行ったことがあるこちらの釣り場で、今回も泳がせ釣りで根魚や青物を狙っていきます。
前回小浜漁港でのアジの泳がせ釣りが不発に終わったので、リベンジです。

沖堤防のすぐ近くにある「つりエサスーパー越前」さんで車の駐車とボートを貸してもらえます。レンタル代は1隻3000円/日くらいだったと思います。電話で予約可能です。

ちなみにこちらのボートは結構重量があり、1人で扱うのはなかなか厳しいと思います。慣れている人は1人でもいけるんですかね?
私は毎回友人と2人で来ていますが、それでも毎回一苦労です。

へとへとになりながら5分くらい漕いで、沖堤防に到着しました。
完全貸し切り状態でテンションも上がりつつ、早速始めていきます!

サビキでアジがぽつぽつ釣れ、いったん何匹か確保しました。

アジの確保はそこそこに、朝マヅメの好機を逃したくないのですぐに泳がせ釣りを開始しました。
泳がせ釣りは今回も竿を2本用意し、エレベーター仕掛けを沖に投げ、胴付き仕掛けを足元へ投げて待ちます。

こちらの沖堤防は足元には岩が入っており、根魚がいかにもいそうな場所です。過去にここで何匹も美味しい根魚が釣れたことがあります。

30分ほど経ったころ、エレベーター仕掛けに反応が!
アジが暴れまわっているような感じです。しばらく眺めているとグン!と大きく竿が曲がったのでアワセます!

そこまで強く引かないので大物ではなさそう?と思いながらリールを巻いていきます。
足元まで寄せてくると魚影が見えました。いや思ったよりでかいぞ!

そうして釣りあげたのがコイツでした。

約50㎝のエソでした(笑)
自分が堤防から釣ったことのある魚の中では過去最大なので、一応記録更新です(笑)
夢をありがとう、と感謝しながら問答無用でリリースです。

結局その後私の方は釣れず、エサのアジも尽き、追加のアジも釣れず(もっと確保すればよかった!)、トータル4時間くらいで暑くなってきたため納竿としました。

友人が胴付きのエサ釣り(エサはオキアミ)で、キジハタを2匹ほど釣ってくれたので、泳がせ中にお亡くなりになったアジ数匹とともに持ち帰って食べることにしました。

スーパーで食材を買い足し、キジハタの刺身、カツオのたたき、アジ・カレイ・山芋のから揚げなどなど、充実した晩ごはんになりました。

友人の釣ったキジハタは脂が乗っており、この間の菅浜漁港で自分で釣ったものよりも甘みと旨味が強く素晴らしいお味でした。釣ってくれたことに感謝!
初めて作ってみた山芋のから揚げも思ったより美味しく、スナック感覚でパクパクいけました。

というわけで赤崎沖堤防の釣行記録でした。
期待していたほどは釣果に恵まれませんでしたが、でかエソも釣れて面白かったので良しとしましょう!
エレベーター仕掛けはこれまで釣れたことがなかったので釣れたのは素直に嬉しかったです。次こそは本物の青物が食ってきてほしいものです。

今回の記事は以上です。それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA