釣行記

エギング初挑戦!(2023.9.15-25@菅浜漁港・丹生湾環境広場)

こんにちは!つりだいです。

今回はエギングに初挑戦!ということで3回分の釣行をまとめた記事になります。
以前に菅浜漁港で釣りをしていた時に、隣でたくさんイカが釣れていたのがとても羨ましく、挑戦してみることにしました。

雨の釣りはつらい(2023.9.8@菅浜漁港)こんにちは!つりだいです。 福井県美浜町の菅浜漁港にまたまた行ってきました。今回もサビキ、泳がせ釣り、ショアジギングでいろいろ狙っ...

まずは楽天でタックルを一式揃えました。竿とリールで25000円くらいですかね。新品のタックルにテンションが上がります。かっけええ。。。

1日目、9月15日。ついにエギングデビューの日!新品のタックルを持って意気揚々と菅浜漁港に行きました。

この日は昼過ぎから開始して最初は練習、慣れてきた頃に本番の夕まづめ、というプランでいきましたが、結論から言うとこの日は坊主でした。

Youtubeで釣り方を見て勉強していきましたが、そもそもこの日はまわりもほとんど釣れておらず、厳しかったようです。
隣にいた上手な方が、親切にいろいろ教えてくださり、釣れなかったけどとても勉強になりました。
まだ初回ということもあり、新品のタックルでキャストしたりシャクったり、勉強したてのアクションをやっているだけでも楽しかったです(笑)

2日目、9月21日。この日は福井方面で仕事があったので、菅浜漁港にて早朝2時間ほどやってみました。
風が強く、糸がなびいてアタリとかはまったくわかりませんし、かなりやりにくかったです。
なんのアタリも釣果もなく、あっという間に時間が来て終了でした。風が強い日はかなりやりにくいことを学びました。

3日目、9月25日。3度目の正直ということで、また早朝から菅浜漁港に向かいました。
5時過ぎに着いてまだ暗かったのですが、ハイシーズンということもあり、結構人で埋まっていました。
そこで場所を変えて丹生湾環境広場へ移動しました。

朝まづめの時間帯からの開始でしたが、全くアタリもありません。しかもこの日もそこそこ風が強くアタリの有無もよくわかりません。Youtubeで勉強した「3回しゃくって10秒フォール」を場所を変えながらひたすらやっていきますが釣れません。

最初の方はエギングをしている人が桟橋にちらほらおられましたが、誰も釣れておらず、日が高くなってくるにつれ一人、また一人と帰っていきます。

9時が潮止まりの時刻だったので、その時間までやったら帰るかー、と疲れながらも粘り強く続けていたところ、9時前にようやく!

エギングで初釣果!アオリイカが釣れましたー!
桟橋から見て、橋側の方でかかりました。
アタリはまったくわかりませんでしたが、フォールの後のしゃくった際にかかってくれました。
最初は海藻かと思いましたが、水面が墨で真っ黒になり、釣れていることに気づけました(笑)
よく見ると足1本、針1本かかっているだけだったので、バラさなくて本当に良かったです。
まぐれっぽい感じでしたがめちゃくちゃ嬉しかったです!

開始から3時間半、完全に疲れて帰宅モードでしたが、一気に元気になり、さらなる釣果を求めてプラス1時間半ほどやりました。
後は続かず、1杯のみの釣果でしたが、最高の気分で帰宅となりました。

帰宅し、胴体と耳は刺身、ゲソはバター焼きでいただくことにしました。
 

胴体の身は程よい弾力と甘み、耳はコリコリの食感でどちらも良さがあります。
バター焼きは軽く塩コショウしてバターを入れて焼いただけですが、これも大変美味しく、ビールに最高に合う一品でした。

というわけで今回はエギング初挑戦から1杯釣れるまでの釣行記録でした。
3回の釣行の合計時間は10時間を超えておりますが、釣れたのはたったの1杯。
秋イカは釣りやすく初心者向けと言われている割にはなかなか身体的にも精神的にもハードでした(笑)
これからどんどん上達して、もっとエギングを楽しんでいきたいです。

今回の記事は以上です。それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA